文字サイズ

村田“山中イズム”継承で初防衛だ 充実公開スパー「しっかり100%出す」

 クォールズ(右)とスパーリングを行う村田諒太
1枚拡大

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(4月15日、横浜アリーナ)

 王者の村田諒太(32)=帝拳=が8日、都内の帝拳ジムで初防衛戦へ向けたスパーリングを公開した。米国人のパートナーと2回拳を交え、得意の右ストレートからの左ボディーを何度も打ち込むなど好調さをうかがわせ「いいパートナー。スピードがあって。次の相手もよく動くのでいい練習になる」と充実感をにじませた。

 同門で南京都高(現京都広学館高)の先輩、山中慎介の引退表明に「さみしい」としみじみ。「人間は大きくなきゃいけないと思った。みんなが注目している試合で嫌な“ピリッと感”を出さない。だから山中先輩は慕われる」と話した。

 その上で「あっという間に引退はきますからね。あっという間の時期に、しっかり100%(の力を)出して頑張っていきたい」と、“山中イズム”を受け継いでのV1に意欲を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス