文字サイズ

松山真虎28年ぶりの負け越し王者だ! 8勝12敗1分け

 計量を終えた黒田(右)と松山
1枚拡大

 「ボクシング・日本フライ級タイトルマッチ」(10日、後楽園ホール)

 日本フライ級王座戦の前日計量が9日、都内で行われ、2度目の防衛戦に臨む黒田雅之(31)=川崎新田、同級6位の松山真虎(まこ、28)=ワタナベ=ともパスした。

 王座初挑戦の松山は現在8勝12敗1分けで、負け越し選手の王座獲得なら89年の早山進(ライトフライ級=金子)以来28年ぶり。松山は「チャンピオンは強いが、練習してきたことを出せたら勝てると思う」と一発を狙う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス