文字サイズ

村田V 視聴率20・5% ドクターXも衆院選速報も超えた フジ今年最高数字

1回、エンダム(左)を攻める村田諒太=両国国技館
1枚拡大

 フジテレビ系で22日に放送された「プロボクシング・WBA世界ミドル級選手権 アッサン・エンダム×村田諒太」第2部(午後8時14分~)の関東地区平均視聴率が20・5%(関西22・7%)だったことが23日、分かった。

 瞬間最高は午後9時4分の26・7%(関西同29・4%)で、7R終了時、CMに入る直前だった。

 平均視聴率は16日からの1週間で最も高い数字で、テレビ朝日系の人気ドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」(19日)の19・6%を上回った。

 22日夜は各局が衆院選開票特集を放送する中で、フジは注目の一戦を中継。随所に衆院選の開票速報も挟むというアクロバティックな放送を展開した。村田の勝利インタビュー中には、画面下で、秘書への暴行・暴言問題で自民党を離党した豊田真由子氏の落選確実も伝えた。

 試合はロンドン五輪金メダリストの村田(31)=帝拳=が王者エンダム(33)=フランス=との再戦で見事に勝利を収めた。フジテレビによると、瞬間最高は第7ラウンド終了時の26・7%。平均視聴率20・5%は2017年のフジテレビ全番組中で最高視聴率。また2000年以降のフジテレビボクシング中継としても最高視聴率をマークした。

 各局の衆院選特集では、NHKで午後7時55分から放送された「2017衆院選開票速報」が17・1%で最も高かった。

 (数字はビデオリサーチ日報調べ)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス