文字サイズ

岩佐、6回TKO勝ちで新王者 防衛失敗の小国は現役引退表明

 ボクシングのダブル世界戦各12回戦は13日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級タイトルマッチは、同級3位の岩佐亮佑(セレス)が王者の小国以載(角海老宝石)に6回2分16秒TKO勝ちし、新王者となった。小国の出血が激しくなり、レフェリーが試合を止めた。

 27歳の岩佐は26戦24勝(16KO)2敗。29歳の小国は試合後に現役引退を表明した。小国の戦績は22戦19勝(7KO)2敗1分け。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス