文字サイズ

ミスターポーゴさん追悼試合 ポーゴ2世・保坂、大仁田と必ず電流爆破する!

 追悼セレモニーを行った保坂秀樹改めミスターポーゴ2世(右)、大仁田厚
1枚拡大

 「プロレス・FMW」(15日、新木場1stRING)

 6月23日に急死した大仁田厚の宿敵ミスターポーゴさんの追悼試合に、ポーゴさんと共闘していた保坂秀樹がミスターポーゴ2世を襲名して出場。師匠の大仁田と激しくやりあい、ポーゴさん得意の火炎噴射は不発に終わったが、最後はリッキー・フジをKO。

 「ポーゴさんの無念を晴らしたい。電流爆破、いつでもやる覚悟はできています」と、ポーゴさんが望んでいた大仁田との電流爆破戦実現まで2世として戦うことを表明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス