文字サイズ

大仁田、全日本選手と初の電流爆破 諏訪魔被弾させるも敗北

 試合後睨み合う諏訪魔(左)と大仁田厚
 諏訪魔(左)に電流爆破バットを見舞う大仁田厚
2枚2枚

 「プロレス・大仁田興行」(16日、横浜ヨット協会横特設会場)

 大仁田厚が諏訪魔と青木篤志を現役全日本選手として初の電流爆破戦に上げた。敗れたが、8月27日の全日本・両国国技館大会での決着戦を要求した。

 大仁田が諏訪魔を2月から挑発して実現させた一戦は、真夏の野外で行われた。リング内外で6人が入り乱れて大混戦となる中、諏訪魔と大仁田が一発ずつ電流爆破バットを打ち合い、最後は諏訪魔がフジを爆死させた。

 試合後、諏訪魔が「いつかケリつけてやる」とアピール。一方、大仁田は「全日本プロレスをちゃーんと電流爆破に上げました」と新日本に加えて、2大老舗団体を電流爆破戦に引きずり込んで満足顔。続けて「そんなに悔しけりゃ両国で最終決着をつけようじゃないか」と呼びかけ、「お前が勇気を出してここに上がってくれたんじゃ。それは認める!」とエールも送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス