文字サイズ

164センチ拳四朗軽快スパー 父・寺地永会長「大きいと世界挑戦は難しい」

 父の寺地会長とファイティングポーズをとる拳四朗
1枚拡大

 「ボクシング・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」(20日、有明コロシアム)

 拳四朗(けん・しろう)が10日、都内で練習を公開した。世界初挑戦がプロ初のサウスポーとの対戦となる拳は、日本ミニマム級4位の谷口将隆(ワタナベ)と4ラウンドのスパーリングを行い、キレのいい動きを見せた。

 父親でジム会長の寺地永(ひさし)氏は、身長187センチの元日本ミドル級、東洋太平洋ライトヘビー級王者。164センチの拳四朗との体格差が話題となっている。寺地会長は「もともと寺地家は(体が)小さいんですよ。僕が特別。拳四朗はラッキーじゃないですか。大きいと世界挑戦は難しい」と笑った。

 実は息子をボートレーサーにしたかった。「僕の親せきに是沢孝宏(これさわ・たかひろ)という選手がいるんです。収入もいいし55歳までできるのでね」と、2度テストを受けさせたが失敗したと明かした。

 拳四朗の名は劇画「北斗の拳」で北斗神拳を操るケンシロウにあやかった。しかし拳四朗は「読んだことがないんです。(突く際に発する)『アタタタタ!』は知っていますけど」と複雑な表情だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス