文字サイズ

世界王者計量失敗 国内では亀田大毅戦の“負けても防衛”以来8度目

2回目の計量もパスできず浮かない表情のWBO世界バンタム級王者のマーロン・タパレス=大阪市内のホテル(撮影・持木克友)
WBO世界バンタム級王者マーロン・タパレス不在の調印式=大阪市内のホテル(撮影・持木克友)
2枚2枚

 「ボクシング・ダブル世界戦」(23日、エディオンアリーナ大阪)

 ダブル世界戦の公式計量が22日、大阪市内のホテルで行われ、WBA世界フライ級タイトルマッチに出場する王者・井岡一翔(井岡)と同級2位のノクノイ・シットプラサート(タイ)はリミットで一発通過した。一方でWBO世界バンタム級タイトルマッチは、挑戦者の同級6位・大森将平(ウォズ)は200グラムアンダーの53・3キロで一発クリアしたが、王者のマーロン・タパレス(フィリピン)が再計量でも54・4キロの900グラムオーバー。計量に通過できず、王座を剥奪された。

 試合は行われ、WBOルールに従い、大森が勝てば新王者。タパレスが勝った場合は空位となる。タパレスは「オオモリに申し訳ない」と涙を浮かべた。

 日本のジムに所属する選手が出場する国内での世界戦で、王者が計量に失敗し、王座を剥奪されるのは、今回が7度目。国内ジム所属選手以外も含めると、ノエル・アランブレット(ベネズエラ)-ガンボア小泉(フィリピン)で、王者のアランブレットが剥奪されている。前回起こったのは2013年12月の亀田大毅(亀田)-リボリオ・ソリス(ベネズエラ)のIBF・WBA世界スーパーフライ級王座統一戦。この時はIBF王者の亀田がクリアして、WBA王者のソリスが失敗した。しかし試合ではソリスが判定勝ち。統一戦ということもあり、敗れた亀田が規定通りIBF王座にとどまり防衛したことになったが、事前に説明がなく、後に亀田家が国内で試合をできなくなる大騒動に発展した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス