文字サイズ

元モデル後藤あゆみ 東洋太平洋奪取 無傷6連勝「自分で試合をつくりたかった」

 メダルならぬベルトにかじりつく後藤あゆみ
1枚拡大

 「ボクシング・東洋太平洋女子スーパーバンタム級王座決定戦」(15日、後楽園ホール)

 元モデルの後藤あゆみ(28)がキム・アクタブ(24)を3-0の判定で下し、デビューから無傷の6連勝で初のベルトを巻いた。突進、大振りするアクタブを「アブノーマルというか、あそこまでとは」と戸惑いながらも身長174センチのリーチを生かし、中盤からは打ち終わりを捕らえてパンチを浴びせた。「反省しかない。自分で試合をつくりたかった」。

 次戦は5月13日に香港で試合が決まっている。渡辺均会長は「上を目指すにはもう少し経験を積ませたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス