文字サイズ

「リングの仕事人」大竹が新王者!右脇腹を痛めながらゴメラの猛攻しのぐ

 新王者・大竹秀典(中央)と陣営
1枚拡大

 「ボクシング・東洋太平洋スーパーバンタム級王座決定戦」(17日、後楽園ホール)

 「リングの仕事人」大竹秀典(35)=金子=がジェルビルト・ゴメラ(フィリピン)を3-0の判定で下し、東洋太平洋王座を獲得した。

 2回に右ストレートでダウンを奪い、4回は左ボディーの連打で追い込んだ大竹だが、3回に右にボディーを合わされた際に右脇腹を痛めていた。「あれで右が出せなくなった」という苦しい闘い。最終12回はゴメラの猛攻をしのぎ王座を獲得した。「タイトルの重みを感じています。世界を目指していきたい」と2度目の世界挑戦を狙う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス