文字サイズ

岡田博喜、大差判定でV6 日本卒業

V6に成功した岡田博喜
防衛成功も両拳を痛めた岡田博喜
2枚2枚

 「ボクシング・日本スーパーライト級タイトルマッチ10回戦」(1日、後楽園ホール)

 王者・岡田博喜(26)=角海老宝石=が同級7位の細川バレンタイン(35)=宮田=を大差判定(99-91、98-92×2)で下し、6度目の防衛に成功した。岡田は14勝(10KO)無敗。細川は20勝(9KO)6敗3分。

 立ち上がりから鋭いジャブで一方的な展開に持ち込んだ。細川の出足を止め、足が止まるとワンツーを打ち込み、じわじわと細川の顔面を腫れ上がらせていった。4回にはパンチで左目上をカットされたが、5回を終えて3者ともに王者を支持。

 しかし、7回にアクシデントに見舞われた。あまりにもジャブが当たりすぎたか、左拳を痛めたのだ。「心配していたのは(古傷の)右だけだった。左がこんなに痛くなるとは、最後の方はジャブを打たず、スナップするだけでした」と言う。グローブを外して見せた左ナックル部は青黒く腫れていた。

 終盤はリングいっぱいに足を使った。ロープ際、コーナーを背負ってもガッチリとガードを固め休む余裕もあった。試合終了のタイミングに合わせて足を運び、ラウンド終了のゴングは自軍コーナーの近くで聞く省エネボクシングを貫いた。「スタミナは問題なかった」と涼しい顔だ。

 「今朝、ネットで『V6岡田 日本卒業』という記事を見つけてマジかよ!と思ったら、オレのことだった」と笑った。本家はともかく、岡田はこれで日本卒業。鈴木真吾会長は「東洋太平洋でもWBOアジアパシフィックでも、ベルトを多く取ってチャンスを待ちたい」と、新たなるステージを約束した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス