文字サイズ

大仁田宿敵チャボとタッグ結成勝利!ファイヤープロレス旗揚げ戦 満員札止め

 ポーズをとるチャボ・ゲレロ(左)と大仁田厚
1枚拡大

 「プロレス・ファイヤー」(26日、ディファ有明)

 大仁田厚が設立した新団体の旗揚げ戦が超満員札止めの観衆を集めて行われ、大仁田は白星で飾った。大仁田は、約30年前にトロフィーでの殴打で重傷を負わされるなど抗争を繰り広げた宿敵チャボ・ゲレロと呉越同舟タッグを結成。はぐれIGF軍を迎撃した。

 試合はリング内外で8人が入り乱れる大混戦に。そして、カシンが因縁のトロフィーを持ち出すと、昔の記憶がよみがえったのか、なんとチャボがそれを奪って大仁田を殴打。2人は空中分解するかに見えたが、最後はチャボが黒覆面を十八番の原爆固めで葬り、大仁田に勝利をプレゼントした。

 試合後、大仁田は「30年も経てば憎しみも全部消える。友情しか残らない、と2人で話しました」と、しみじみ語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス