文字サイズ

馳文科相「ラブライバー大臣」宣言!!

 サイリウムを振りながらコンサートを鑑賞する馳文科相(右)と木谷社長
1枚拡大

 世界初!?の「ラブライバー大臣」誕生だ。元プロレスラーの馳浩文科相(54)がブシロード社長で新日本プロレスのオーナーでもある木谷高明氏(55)とともに、3月31日と4月1日に東京ドームで行われた「ラブライブ!」のコンサートを鑑賞した。

 「ラブライブ!」とはアニメ、ゲーム、ライブイベントなど多メディアで展開する大人気スクールアイドルプロジェクト。今回は15年のNHK「紅白歌合戦」にも出場した作品内に登場するグループ「μ’s(ミューズ)」のワンマンライブのファイナルで、会場の東京ドームだけでなく、国内約200カ所以上、アジアの主要都市でライブビューイングを行う巨大イベントとなった。

 「初めてです。木谷社長が来てみたら、と言うから」と話した馳文科相はTシャツを着用し、サイリウムを振りながら「ラブライバー」と呼ばれるファンの熱気を体感。「すごい。大ファンになりました。ラブライバー大臣と呼んでください」と大いに楽しんだ様子で、「東京五輪の開会式か閉会式でラブライブ!をやりたいね」と、うれしそうに話した。

 自身も過去に東京ドームで試合を行ったことがあり、会場の盛り上がりを「新日本プロレスに匹敵するぐらい」と例えたものの、自身が再度リングに上がる可能性については「それはないな」と否定。だが、政府が進める「クールジャパン戦略」での刺激を受けた様子で、「この熱さを世界に発信したい。日本を発信地とするような、漫画、アニメ、ゲーム、キャラクターをクールジャパンの戦略としてどんどん出していきたい。国会でもMANGA議員連盟と言うのがあって、日本のサブカルチャーをメーンカルチャー、文化資源として応援し、ナショナルセンターを立てようと発表した。こういうコアなもファンも集えるような場所、イベント広場も作りたい」との考えを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス