文字サイズ

高野人母美が白無垢&水着姿で前日計量

 「貼る水着」を身につけ計量をパスした高野人母美
1枚拡大

 「ボクシング・WBO女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(11日、後楽園ホール)

 調印式と前日計量が10日、都内で行われ、王者のダニエラ・ロミナ・ベルムロス(アルゼンチン)に挑む高野人母美(協栄)が白無垢(むく)姿で調印式に、お色気たっぷりの「貼る水着」で前日計量に臨んだ。

 恒例のパフォーマンス。初の世界戦バージョンは二段構えだ。控室からしずしずと現れた高野に場内がどよめく。「ボクシングを始めた純粋な気持ちに帰ろう。ピュアなものとは何か」と考え、出した答えだった。

 メークと着付けに3時間かけた花嫁衣装を脱ぎ、計量では昇り竜のシール型水着を貼ってお色直し。一見何を着ているのか不明で、関係者が「安心してください。着てますから」と念を押す一幕も。

 苦しんだ減量も、最後の夜をグレープフルーツと氷でしのぎ、リミットの52・1キロでクリア。前日イベントでは王者を圧倒した高野は「明日は必ず勝ちます」と本番でも必勝を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス