文字サイズ

天山の意地!暴言の元付け人内藤を撃破

内藤(手前)にアナコンダマックスをきめる天山=両国国技館
1枚拡大

 「新日本・G1クライマックス」(14日、両国国技館)

 天山広吉が、戦前に暴言を吐かれた元付け人・内藤哲也を意地で撃破。内藤がもくろんだ優勝決定戦進出の夢を打ち砕いた。

 通算最多出場、最多勝利記録を持つ“夏男”が、最終公式戦で存在感を見せつけた。この1戦だけは落としたくないという思いが勝った。

 「天山はもう終わってる」。

 まさかの一言は、かつて2年半も身の回りの世話をしてくれた愛弟子の口から発せられたものだった。新日本の公式サイトに掲載された記事を見た瞬間、猛牛の怒りは頂点に。以後、大会直前会見から「あのクソガキだけは許さへん」と言い続けた。

 試合中も目の色を変えて立ち向かった。左足を攻められてもひるまず、頭突きで攻勢に転じ、最後はアナコンダマックス。全盛期をほうふつさせる動きで勝利すると、大歓声が降り注いだ。恨みを晴らした天山は試合後も興奮気味で、声はうわずっていた。「なめとったら終わりよ。あのクソガキが。100年、200年、1000万年早いわ!」と吐き捨てた。

 節目の20回目のG1は3勝6敗ながら“完走”した。腰、腕、足と満身創痍(そうい)の上、7月26日の広島大会で右目上を負傷。それでも、傷だらけで戦い抜いた。「(出場は)最後かもしれん。でも、出た以上は(コンディションが悪くても)最終戦まで出たかった」。白星締めに安どの表情も浮かべた“ミスターG1”。終盤に柴田勝頼、内藤を連破した力を見れば、また来年、勇姿を見たいファンも多いに違いない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス