文字サイズ

曙、電流爆破デスマッチ「楽しかった」

 「横浜大花火」(26日、横浜文化体育館)

 晩夏の横浜に、電流爆破の大花火が打ち上げられた。第64代横綱・曙(43)と邪道・大仁田厚(54)の「ノーロープ有刺鉄線バリケードマットダブルヘルメガトン電流爆破デスマッチ」は、曙が被爆をものともせず横綱インパクト(ボディープレス)で大仁田を圧殺して電流爆破デスマッチ初体験で快勝。大仁田は「これで終わったと思うな!」と、逆襲を宣言した。

 身長203センチ、体重210キロの巨大な肉体には、大仁田が爆薬を従来の3倍も盛った電流爆破も通じなかった。

 先制したのは曙だった。突っ張りで大仁田を最初の被爆に追い込み、火花が噴き上がる中、大仁田はブッ倒れたが、曙は違った。場外戦で突進をかわされバリケードマットに転落して初被爆したが、ムクムクと起き上がってリングに戻る。

 うまく体を入れ替えられての2度目の被爆。大仁田に巻き込まれて3度目の被爆ではダウンしたが、大仁田が心中を狙った最後の被爆は何事もなかったかのように耐え、すかさずすくい投げからの横綱インパクトで圧殺。曙は公約通りリングのど真ん中で雲竜型の土俵入りを強行したが、これは大仁田が意地のファイヤーで中断させた。

 邪道のリングで堂々の“横綱相撲”を見せつけた曙は「楽しかったね!ホント楽しかった!頭に描いたものと(比べて爆破は)ちょっと物足りなかったかな」と、すごみのある笑み。爆破で左頬をヤケドしていたが「しょうがねえな。いい男はヤケドするわ!」と、まるで意に介さない。

 「俺、電流爆破に目覚めたかもしれん」と、自信を深めた曙は「これで終わらないでしょ。あんな終わり方(ファイヤー)だったし、たたきつぶしても最後それなんですよ」と、大仁田との再戦を予感していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス