文字サイズ

能見×岡田彰布氏(1)勝てるピッチャーに徹すればいいんやないか

 青空が広がるブルペンで笑顔を見せる能見と岡田氏(撮影・田中太一)
1枚拡大

 阪神・能見篤史投手(38)がデイリースポーツ評論家で元阪神監督の岡田彰布氏のインタビューに応じた。岡田氏の監督就任1年目、04年度ドラフト自由枠で入団。長年、エースとしてマウンドに上がり続け、阪神投手陣の精神的支柱としてもチームを支えてきた。入団当初の思い出を交えた足跡、そして現状、さらには将来にわたるまで存分に語り合った。

  ◇  ◇

 岡田彰布氏(以下岡田)「今日はよろしく」

 能見篤史投手(以下能見)「よろしくお願いします」

 岡田「今年で何年目になるんかな」

 能見「14年目です」

 岡田「トシは?」

 能見「25歳で入団したので、今年で39になります」

 岡田「39歳か!チームでは福留の次ぐらいになるんかなあ」

 能見「そうですね。1つ下が(藤川)球児。そういう年代です」

 岡田「球児より上なんや。でもさっき、ブルペンを見せてもらったけど調子ええやろう?」

 能見「はい」

 岡田「そういう、調子を維持した中でじゃあこれからは何を求めるか、やなあ。もう三振はいらんやろう?」

 能見「はい。いらないですね」

 岡田「本人もそうやろうけど、チームも勝てるピッチャーが欲しい。勝つんが一番やから」

 能見「本当にそうですね」

 岡田「10勝3敗。7つの貯金ぐらいでどうやろう。中6日で投げて、半分勝ったら13勝くらいか?」

 能見「去年は中5日が3度、ありましたけど、中6日なら多くて25試合くらいになりますね」

 岡田「10勝3敗、悪くて5敗。先発の役割を果たしたら、後ろ(中継ぎ陣)のスタッフはええから数字は残るよ。三振とか狙わんでええから、勝てるピッチャーに徹すればいいんやないか」

 能見「省エネ、というのは考えながらやってます」

 岡田「あとは“遊び”やなあ。能見の場合は4番バッターも、8番バッターも全力で抑えにいくタイプやから」

 能見「(下位打者に打たれることが)怖いんですよねえ」

 岡田「分かるよ。7、8番は絶対に抑えなアカンというのは。でも遊びながら、2、3球で片付ける、というピッチングを覚えた方がええと思う」

 能見「うれしくない三振、というのはあります。下位打者から取っても、ですね」

 岡田「クリーンアップから三振を取るんと、2アウトランナーなしで下位から三振を取るんとでは違うからな。いつも目いっぱい、となると、タイミングもずっと同じやから打ちやすくなるし、メリハリをつけた方が長く投げられるんやないかな」

 能見「そうですね」

 岡田「ピンチで、三振が欲しい、という時には取りにいく。あとは、野手が後ろから見てても『打たせてくるな』と分かるような感じでええよ。全部、全力、になると五回くらいでしんどくなる。うまく抜くことができたら、2ケタは絶対勝てるよ」

 -去年は6勝6敗。ただ前半の防御率を見れば、もっと勝てるピッチングもしていた。

 岡田「そこは、なあ。相手ピッチャーに抑えられてるところとの兼ね合いやから。ただ、先発のノルマとして7回投げて3失点くらいなら合格やろうし」

 能見「難しいところですね。抑えていても、勝てないというのはありますから」(以下、2に続く)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    対談最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス