文字サイズ

日本はサービス過剰?必要なものと不必要な物が混在

 レジ袋が有料化され、1年以上が経ちました。名古屋のとあるスーパーでは、有料のレジ袋を希望すると、市指定のゴミ袋を販売してくれると、最近ネットで話題になりました。これは10年以上も前からの取り組みだそうで、素晴らしいアイデアだと思います。指定袋がない地域は仕方ないのですが、ある地域の市区町村がこの方式を積極的に取り入れれば、有料の袋を気持ちよく購入出来ますものね。

 もともとプラスチックゴミに占めるレジ袋の割合は数%と言われていました。プラスチックの海洋ゴミは、漁業の網やトロ箱などが、レジ袋とは比べものにならないほどの量だとか。ですからゴミの減量よりも、ゴミをなるべく出さないという意識付けの部分での効果の方が大きいのだと思います。

 しかしスーパーでは購入した商品かどうかの見分けがつきにくくなり、万引きが増えたと言います。レジ袋をゴミ袋として使用していた人も多く、100均ショップなどでゴミ袋としてレジ袋を購入するので、結局同じだというのもよく聞く話です。

 そのため無料化に戻してほしいという声もありますが有料化を機に、多くの人が環境について考えるようになったので、これはこのままで良いのではないでしょうか。ただ基準はあいまい。例えば駅弁を1個買うとレジ袋は有料で、何個か買ったときの紙袋は無料。スーパーで「レジ袋は結構です」と言ったら、小さなポリ袋に入れてくれる。レジ袋はダメでもポリ袋はOK?基準がよくわからないのです。

 日本はサービスが過剰なため、レジ袋の次はスプーンや割り箸が有料化されるとも言われています。ウエットティッシュも付けてくれますが、これも本来は売り物。つまり費用がかかることを、無料サービスでしてくれている。商品として買えばいいものは、有料でもいいのではないのでしょうか。

 その一方で、知人がとあるコンビニで生理用品を買ったところ、そのまま手渡されたそうです。以前は中身が見えないように、紙袋などに入れてくれていましたが、これは必要なサービスではないでしょうか。いまは必要なサービスと、不必要なサービスが混在しているような気がします。

 私が個人的に悩むサービスは、割り箸についている爪楊枝。取り出すとき必ずと言っていい程指を突いてしまうし、結構な確率で落としてしまっています(笑)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    リンゴのつぶやき最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス