文字サイズ

カープOBの焼き鳥店もコロナで大打撃 口ひげの“パンチョ”木下富雄さん「負けない!」

 昭和の広島カープ黄金期に名バイプレーヤーとして鳴らし、トレードマークの口ひげと「パンチョ」の愛称で親しまれた木下富雄さん(69)。2007年にオープンした焼き鳥専門店「カープ鳥きのした 十日市店」(広島市)は、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けた。

 「3月に入って徐々にお客さんが減り始め4月はかなり厳しい状態でした」。県の休業要請を受けて4月22日から店内での営業を停止し、約1カ月間はテークアウトのみの営業となった。売り上げは激減。それでも多くの人が店を案じ、応援してくれたという。

 常連客はもちろん、木下さんの母校・駒大の同窓会広島県支部の人たち、店舗周辺のお寺のお坊さんらもテークアウト商品を買いに来てくれた。「人の縁や温かみを感じた。商品を買いに来てくれたお客さんにお礼を言うと、皆さん『頑張って』と返してくれる。その言葉がどれだけ励みになったことか」

 店長を務める次男・宜之さん(38)と知恵を絞り、テークアウト向けのオリジナル商品も考案した。コウネの乗った「パンチョ丼」、牛タンの「大瀬良丼」、牛ロースの「菊池丼」、そして豚トロの「中崎丼(ザキ丼)」だ。「菊池丼」はツイッターで話題になり、「大瀬良丼」は大瀬良投手の妻でタレントの浅田真由さんがわざわざ買いに来てくれたという。店内での営業を再開した現在もテークアウト販売は続けており、4つの丼は人気商品になっている。

 まだまだコロナ禍の影響は大きく、店の先行きへの不安は尽きないが、そんな中でも気になるのはやっぱり今年のカープ。「打線は広輔が帰ってきたし、誠也や西川も打ってくれるから大丈夫だと思うけど、心配なのは投手陣。リリーフ陣がちょっとね。佐々岡監督は投手の気持ちもよく分かるはず。個々の力も見極めながら、うまくやりくりしていってほしい」とエールを送る。

 何よりもカープが頑張れば、広島の街全体が活気づく。「とにかく無事にプロ野球が開幕して、お客さんにはカープの試合に一喜一憂しながら、おいしい焼き鳥やお酒を楽しんでもらいたい」と、店がにぎわいを取り戻す日を待ちわびる。

 カープの現役選手の名前が商品名になっていることでも知られるカープ鳥。開幕に合わせて「佐々岡監督(ハツ)」「森下(手羽先)」「宇草(エビ塩焼き)」なども新たにお目見えする。「コロナに負けず、カープと一緒にカープ鳥も頑張っていきますよ!」。木下さんの明るい声が店内に響き渡った。(デイリースポーツ・工藤直樹)

▼木下富雄(きのした・とみお)1951年5月7日生まれ。埼玉県出身。現役時代は右投げ右打ちの内野手。182センチ、84キロ。春日部高から駒大を経て、73年度のドラフト1位でカープ入団。投手と捕手以外ならどこでも守れるユーティリティープレーヤーとして5度のリーグ優勝、3度の日本一に貢献し、87年限りで引退。14年間の通算成績は1364試合出場、583安打、打率.240、48本塁打、221打点。引退後は1軍チーフコーチや2軍監督、中国放送解説者を務めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    あの人~ネクストステージ最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス