文字サイズ

元巨人“浪速のミニラ”高校野球の監督に 「大阪桐蔭、履正社の2強と言わさんよう」

東大阪大柏原の硬式野球部監督として甲子園を目指す土井健大さん
2枚

 オリックス、巨人でプレーし、社会人野球も経験した土井健大さん(30)。履正社時代に高校通算43本塁打を放ち“浪速のミニラ”として注目された強肩強打のスラッガーは、昨年10月に東大阪大柏原の硬式野球部監督に就任。同校にとって2011年夏以来となる甲子園出場を目指して日々奮闘中だ。

 生駒おろしが吹き下ろすグラウンドに元気のいい声が響く。

「声が小さい」

「行ける!捕れる!」

「適当に投げんな!」

 新監督は1球1球心を込めてノックバットをふるう。部員も元気ハツラツ。同校の寺川誠校長も「(一昨年12月のコーチ就任時と比べて)選手の表情が違っている。野球部が変わった」と目尻を下げる。2月6日にはグラウンドの土の入れ替えも完了するなど、土台づくりの舞台は整った。

 プロで培った技術を指導する一方で「一流の選手である前に一流の高校生であること」を重視。「目標を持つ」「自己管理」など16カ条の部訓を掲げ、毎日のミーティングで確認する。コーチ就任後、最初に取り組んだのは食トレ。昼食は毎回全員でごはん700グラムをとり、チーム平均で7キロ体重が増えた。

 自身は兵庫・芦屋市出身。高校進学時に履正社を選んだのは、6歳上の兄が大阪大会決勝で敗れた悔しさを晴らすためだった。2年春にセンバツに出場。通算43発を放ち、1歳上に“浪速のゴジラ”岡田貴弘(T-岡田=現オリックス)がいたことから“浪速のミニラ”と呼ばれた。

 「負けず嫌いだったので、あの人より目立ってやろうと。だから練習も必死でやりました」

 06年ドラフト5位でオリックス入団。フレッシュオールスターにも選ばれながら、4年目オフに戦力外通告を受けた。「須磨の海岸で海を眺めた」と落ち込んだが、ひたむきに取り組む姿勢と元気さを買われ、当時巨人の川相昌弘2軍監督から育成選手として声を掛けられた。

 12年からはブルペン捕手。彩未さん(31)と結婚し、安定した道を選ぼうとしたが、現役への未練を断ち切れずに14年から社会人野球のミキハウスREDSに。さらに、軟式野球の大阪シティ信用金庫でもプレーした。

 巨人時代については「最後に東京ドームに呼ばれた」と花道を用意してくれたことに感謝。ミキハウスでは、肉離れで「初めて絶望感を味わった」。大阪シティ信用金庫では今回の監督就任に繋がる出会いがあり「トーナメントの厳しさと、ひたむきに野球に取り組む姿勢に心を打たれた」と言う。

 「そんな経験を部員に伝えたい。人との出会いがすべて。いい人に会うためには、自分の心がきれいじゃないと」

 もちろん負けず嫌いは変わらない。自身の人脈を駆使して今春には34人が入部予定。部員数は一気に倍になる。「いい選手が入って、下からの突き上げがある。今いる部員にも予告していますよ。柏原物語の始まりです」

 理想の指導者像は「高校3年間で成長させてもらった」と尊敬する母校・履正社の岡田龍生監督。そんな母校には昨年11月に練習試合を申し込み、0-9で敗れた。今年も5月26日に対戦予定。「夏を前にどんなメンバーで来てくれるか。こっちは結構やれると思ってるんです。大阪桐蔭、履正社の2強と言わさんようにしたい」。2児の父がこの瞬間、野球小僧のような顔になった。(デイリースポーツ特約記者・山本智行)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      あの人~ネクストステージ最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス