文字サイズ

野々村直通氏が語る「腹切り」発言の真意 元開星高野球部監督は画家&教育評論家に

ギャラリーで創作活動に励む野々村直通さん。バックには作品がずらり=松江市内
野々村直通さんのギャラリーは窓に飾られた似顔絵が目印=松江市内
野々村直通さんのギャラリーは窓に飾られた似顔絵が目印=松江市内
6枚6枚

 松江城の近く、静かな商店街にあるギャラリーで、角刈りにメガネの男性が絵筆をとっている。2012年まで島根・開星高校野球部監督を務めた野々村直通さん(66)だ。

 同年3月で同校を定年退職後、画家兼教育評論家として活動する。「野球は完全にノータッチ。11年夏の甲子園で選手たちに最後の花道を飾ってもらい、未練なく辞めた」と、監督時代より柔和な笑顔で客を迎える。15年に似顔絵ギャラリーをオープン。誕生日などに贈る似顔絵や結婚パーティーのウエルカムボードなどを手がけ、展覧会にも出展する。

 教育評論家として講演会やテレビ出演もこなし「時代にそぐわないかもしれないが、教育には体罰も必要」と熱弁を振るう。「たたく」ことが一概に暴力とは言えず、揺るぎない情熱で子供たちに向き合えば、しかることの意味が伝わると説くと、講演会場は大喝采に包まれるという。

 教員時代は美術科担当。野球部員の卒業式には1人1人の似顔絵を描いて贈るなど、愛情を注いだ指導で定年まで勤め上げた。一方、グラウンドではめがねの奥の眼光をぎらつかせ、時には大声で選手を叱咤(しった)。「ヤクザ監督」と異名をとった。10年春の甲子園初戦で21世紀枠の向陽に1-2で敗戦し「末代までの恥」「腹を切りたい」と発言したことから辞任に至った一件は、大ニュースとなった。当時のことを今、どう受け止めているのだろう。

 「あの場で言っちゃいかんとは思っています。でも負けると何もかも嫌になるんです。それくらい、勝利に執着していた。中国大会優勝校として、負けてはいけないというのがあった。相手を侮辱したつもりはなかったですし」と振り返る。敗退後に1年間、監督業から離れたが「自分から身を引いたとは思っていない」と信念は揺るがない。

 11年に復帰し、夏の甲子園に出場。優勝した日大三に2回戦で敗れはしたが、8-11と苦しめた。「あれで吹っ切れました。あの2年間、地獄から天国というのはすごい経験」と、嵐のような2年間を振り返った。

 監督復帰の意欲については「二度とあんな苦しい仕事はしたくない」と否定。その理由について「私は34年間、指導者をしたんですが、甲子園出場は10回。それ以外は全部負けているんです。毎回、命がけでやってきた。そして負けると毎回、人生が終わったような気分になるんです」と、甲子園にかける熱量の高さを挙げた。「腹を切りたい」発言も、命がけで戦い、敗れた将がこぼした本音だったのだろう。

 甲子園大会の抽選会に羽織はかまや派手なスーツで登場し、話題にもなった。“正装”に込めた意味については「夢の甲子園での厳粛な儀式だから、日本人として正装で臨もうと…」と言いかけて「本当はね、他の人がやらないから目立ちたい」と明かすなど、おちゃめに訂正。着物は40着ほどあり、講演会にも着物で行くという。

 夏の甲子園100回大会が間もなく開幕する。球児たちには「われわれは今を生きているが、それは歴史の上にあるということを忘れてはいけない。野球どころではなかった時代があって、今の平和がある。野球ができることに感謝し、真剣で最高のプレーをしてほしい」とエールを送った。(中野裕美子)

 ◆野々村直通(ののむら・なおみち)1951年12月14日、島根県雲南市生まれ。大東高から広島大教育学部美術科に進学。74年に広島・府中東に美術教師として赴任、野球部監督に就任。79年春の甲子園出場。松江日大を経て86年に松江第一(現開星)へ。88年、硬式野球部創部と同時に監督。93年夏の甲子園出場。10年春の甲子園後に退任し、11年4月復帰。12年3月に定年退職。甲子園は通算10回出場。現在は似顔絵ギャラリー(松江市殿町383山陰中央ビル1階)を構える。9月27日から10月1日まで、島根県出雲市・一畑百貨店出雲店で展覧会を開催。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    あの人~ネクストステージ最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス