文字サイズ

【窪谷日奈子医師】学校健診で低視力と言われたら…早く眼科に行ったほうが良い理由

子どもの近視は軽視禁物です(Tan Kian Khoon/stock.adobe.com)
1枚拡大

 春の健診シーズンがやってきました。3歳や就学時に健診で視力検査を行いますが、異常を指摘された場合は、必ずすぐに眼科を受診しましょう!「単なる近視だろう」と放置しないほうがよい理由をお話したいと思います。

 放置するのが良くない理由は、子供さんの視力の成長は1歳半から3~4歳くらいがピークで、7~8歳で止まってしまうからです。この時期に視力が出ないままで放置していると、大人になっても視力は出ません。弱い視力と書いて「弱視」、どんな眼鏡をかけても見えないという状態になってしまうのです。

 1歳頃の視力はせいぜい0・1くらいしかないのですが、見た物が目の奥に映ることでだんだん成長してきます。視力が伸びる時期に目の奥に物がくっきり映っていないと、視力は成長しないのです。目の奥にくっきり映らない原因として多いのは、ピントが極端に遠くに合う遠視・逆にピントが近くに合う近視、目の位置が正面からずれている斜視、他にも生まれついての白内障などの病気などがあります。

 「お子さんに強い眼鏡をかけさせるのはかわいそうだ」とおっしゃる方がいますが、小さい時こそ眼鏡できっちりピントが合う状態にしてあげて、視力を成長させるのがとても大切なのです。眼鏡をかけているお子さんを見かけたら、「ちゃんと眼鏡をかけていてえらいね」と肯定的な声かけをしてあげましょう。

 ちなみに視力検査は早いお子さんだと2歳半くらいから、3歳になればだいたいのお子さんができるようになります。3歳児健診というのは、タイミング的にとても理にかなっています。「うちの子は集中力がないから検査は無理かも」という方もご心配なく。眼科では自動の機械で目の度数を測れるので、検査ができなくても度数の確認はちゃんとできます。

 小さければ小さいほど視力の成長のスピードも早いです。お子さんが3歳児健診や学校健診でひっかかってしまった場合は、できるだけ早めに眼科を受診させてくださいね!

 ◆筆者プロフィール 窪谷日奈子(くぼたに・ひなこ)医療法人社団吉徳会・あさぎり病院・眼科医長。眼科専門医。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ドクター備忘録最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス