文字サイズ

神戸の巨大ツリー今後は鳥居に 140万人来場で西畠氏「大成功」

 伐採されトラックの荷台に載せられたあすなろの木を見送る西畠清順氏(左端)ら=27日、神戸メリケンパーク
3枚

 今月2日から26日まで神戸メリケンパークで開催された巨大ツリー観覧イベント「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」で使用された「あすなろの木」が27日、撤去された。仕掛け人のプラントハンター西畠清順氏をはじめ、神戸市職員や関係者ら約50人が集まり、見送り式が行われた。

 富山県氷見市から運ばれた推定樹齢150年、全長約30メートルのあすなろの木の撤去作業は26日深夜から始まり、大型トラック2台に積み込まれ27日午後、現場を後にした。1年間、姫路市内の製材所で乾燥させた後、木の15%程度にあたる3・5トン分が、神戸市内の生田神社の鳥居として姿を変える。

 西畠氏は「あすなろは水に強く、昔から船にも使われていたほど。鳥居にぴったり」とこのプランを歓迎、残りについては「いろいろなアイデアをいただいているが(乾燥にかかる)1年をかけて、じっくり考えたい」と話した。

 イベントには目標の100万人を大きく超える140万人が来場。ギネス記録を狙っていたメッセージオーナメントは目標の5万枚に届かず3万枚弱にとどまりギネス申請を諦めた。「ご神木を抜いたとか、たくさんのデマを流されたが、何一つ間違ったことはしていない。想像以上につらい思いをした。ただ、神戸の人、全国の人、140万人が訪れてくれた。日本を代表するアーティストまで来てくれた。あすなろの木を誇りに思う。大成功だったと思う」(西畠氏)。

 2日には西畠氏と親交のあるシンガー・ソングライターの槇原敬之がミニライブ。また西畠氏の挑戦に密着、17日に放送されたMBS制作「情熱大陸」20年記念スペシャルでは、バイオリニストの葉加瀬太郎が生演奏を行っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      世界一のクリスマスツリー最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス