文字サイズ

稲見萌寧 ラウンド中に見せた心のゆとり そして勝負師としての顔

12番 同組の選手を待つ間にカメラにVサインする稲見萌寧=茨城県・太平洋クラブ美野里コース(撮影・中田匡峻)
1番から2番に移動する際、カメラに向かい笑顔でVサインする稲見萌寧=茨城県・太平洋クラブ美野里コース(撮影・中田匡峻)
2日目18番 髪をなびかせながらティ-ショットを放つ稲見萌寧=茨城県・太平洋クラブ美野里コース(撮影・中田匡峻)
3枚

 申・ジエの優勝で幕を閉じたTOTOジャパンクラシック。

 不慣れなゴルフ取材で誰を撮影しに行こうかと携帯でスコア速報見ながらコースを回っていると12番でパーパットを決め終えた稲見萌寧がスコアカードとにらめっこしながら同組の選手を待っていた。13番に向かう所を撮影しようと構えているとこちらに気づいた稲見はかっこよくVサイン。

 最終日の終盤に向かう中での一枚。周りを見渡す余裕と笑顔ではなくまだ戦うぞと言わんばかりの表情。稲見の行動に自分ももっと周りを見て余裕を持たなければと痛感した。

 優勝には届かなかったが11アンダーで終えた稲見。13日から始まる伊藤園レディスでは今シーズン2勝目を目指した戦いが始まる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス