文字サイズ

東海大相模・金城龍輝、大泣きの優勝に見た“自責の念” 父は金城龍彦氏

試合後、先輩に抱きついて号泣する東海大相模・金城龍輝=23日、横浜スタジアム(撮影・伊藤笙子)
2番手で登板した東海大相模・金城龍輝=23日、横浜スタジアム(撮影・伊藤笙子)
7回、降板する東海大相模・金城龍輝=23日、横浜スタジアム(撮影・伊藤笙子)
3枚

 「高校野球神奈川大会・決勝、東海大相模9-5相洋」(23日、横浜スタジアム)

 やっぱり東海大相模は強かった。優勝を決め涙を流す選手が多い中、ひときわ大泣きしていたのが金城龍輝投手(2年)だ。

 父は現役時代はDeNA(横浜時代から通じて)と巨人でプレーした、現巨人の金城龍彦三軍野手総合コーチ。この日は2-2の同点で迎えた5回裏から登板した。だが、直後に味方の失策で勝ち越しを許すと、7回には2ランを浴び計3失点。被弾後、降板を言い渡された金城は、うつむき加減でマウンドを去った。

 それでも先輩たちが取り返してくれた。チームは8回に一挙4点を奪い逆転。9回にも3点を加え、見事4季連続となる県大会制覇を成し遂げた。

 自責の念にかられていたのだろう。試合後、先輩に抱きついて号泣していた。3年生引退後は自分がチームを引っ張っていく立場になる。次は金城のうれし涙を流す姿が見たい。(デイリースポーツ・伊藤笙子)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス