文字サイズ

走りながら何度も視線を左上へ…サニブラウン、大舞台で見せた余裕

200m予選 視線を左上に向けながら余裕の走りを見せるサニブラウン=福岡市博多の森陸上競技場(撮影・堀内翔)
200m予選 視線を左上に向けながら余裕の走りを見せるサニブラウン(中央)=福岡市博多の森陸上競技場(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 陸上の日本選手権(6月27~6月30日)で、サニブラウン・ハキーム(20)は、大会新記録で優勝した100メートル決勝の翌日に行われた200メートル予選に出場した。

 注目される中、カーブを回ると、スタジアムのオーロラビジョンを見るように視線を左上に向けた。そしてゴールに近づくにつれてその回数は増えていき、余裕のゴールを見せるサニブラウンの姿に思わず練習か?と錯覚してしまった。しかもスタートの反応タイムは予選全体20人の中で最下位だった。

 4日間すべて雨に見舞われ、最終日の200メートル決勝も目をつぶりたくなるような大粒の雨が降りしきり、向かい風という悪条件のなかで2冠を達成。

 疲労が心配されたがレース直後には「まあ、200メートルはいつも雨なので慣れっこという感じです」と落ち着いて答えるサニブラウン。今後は走りだけでなく、内面にも注目していきたい。

(デイリースポーツ・堀内翔)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス