文字サイズ

令和初金星で座布団が行司直撃…そこで見たプロ根性

 玉鷲(右)が鶴竜(左)を破った際、観客が投げた座布団が式守伊之助に直撃する=両国国技館
 座布団直撃後、玉鷲(右)に懸賞金を渡す式守伊之助=両国国技館(撮影・中田匡峻)
2枚2枚

 「あっ、当たってしまった」。悪い予感が的中した。

 大相撲夏場所8日目結びの一番、鶴竜-玉鷲の取組。玉鷲が立ち合いから一気の押しで、横綱鶴竜を土俵外へ押し出し「令和初金星」を挙げた。

 平幕力士が横綱に勝つとよく見られるのは、座布団が舞うシーンだ。この時、場内アナウンスで必ず聞く言葉がある。「座布団は投げないでください!危険ですから座布団は投げないでください!」。横綱が負けると興奮し、投げたくなるファンの気持ちお察しします。

 この日も、玉鷲が勝ち名乗りを受ける際、座布団が舞うことを予想してレンズの画角を広くして狙っていると、やっぱりだ。まともに力士に、ではなく立行司の式守伊之助に直撃した。後から見返してみると、頭にまともに当たってるではないか…。しかし、伊之助は表情ひとつ変えず懸賞の束を渡した。

 私も相撲ファンの一人だ。小さい頃からテレビで座布団が舞うシーンを見て、「いつか俺も投げるぞ」と思っていた。しかし、私も取材時に座布団が当たり、衝撃でしばらく首が痛かったことを覚えており、投げる物ではないと思った。

 今回、伊之助は何事もなかったかのように職務を全うしたが、本当に痛かったと思う。座布団が館内を舞うのが大相撲の醍醐味のひとつかもしれない。しかし、会場に足を運ばれるみなさんは、「座布団を投げるのは危険!」、それを分かって観戦してもらいたい。(写真と文 デイリースポーツ・中田匡峻)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス