文字サイズ

【野球】過去104人が務めた“猛虎の4番”最も多く本塁打を打ったのは?

 阪神の新外国人、ジャスティン・ボーア内野手=前エンゼルス=が4番としての働きを期待されている。次の新4番は、猛虎歴代で105代目。2019年シーズンまでに4番を務めた104人から出場試合数などのトップ3を見る。敬称略。

【試合数】

藤村富美男(3代)=1072

金本知憲(89代)=921

田淵幸一(43代)=812

【安打】

藤村富美男=1292

金本知憲=1002

掛布雅之(52代)=840

【本塁打】

田淵幸一=247

藤村富美男=195

掛布雅之=188

【打点】

藤村富美男=879

金本知憲=655

田淵幸一=574

 他の阪神強打者の出場試合数を見ると、遠井吾郎(30代)=524、オマリー(65代)=387、新井貴浩(90代)=318、岡田彰布(59代)=316、バース(60代)=92試合。現在、現役復帰を目指している新庄剛志(68代)は142試合で4番を務めた。

 ちなみに猛虎の初代4番は松木謙治郎。1936、38春、39~41年で4番として56試合に出場。打率・218、1本塁打、25打点の成績だった。

 過去3シーズンで新たに4番を経験した選手は、17年に中谷、糸井、ロジャース、大山の4選手。18年にロサリオ、陽川。19年にマルテが務めた。(デイリースポーツ記録係)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス