文字サイズ

【野球】広島、激戦外野競争の“ダークホース”高橋大樹は打を磨く

 広島・高橋大樹外野手(25)が来季の1軍フル帯同を目指して自主トレを続けている。今季は自己最多27試合の出場で打率・279、1本塁打、3打点。6月28日・DeNA戦(横浜)では今永から待望のプロ初本塁打を放った。オフは打撃に磨きをかけ、外野競争に割って入る覚悟だ。

 メモリアルアーチを放ったオフも、高橋大は悲壮な覚悟で練習に取り組んでいる。今秋から飛距離アップへ、新打法に挑戦。「バットの位置を低く力が入らないように。トップを意識しています」。プロ8年目を迎える来季へ、さらなるレベルアップを図っている。

 キャンプ中の紅白戦では7試合に出場し、打率・368を記録。佐々岡新監督へアピールしたが「長打が出なかったので。1球目、2球目の甘い球を捉えられるようにしないといけない」と不満顔。「(今季も)2ストライクからのヒットが多かった。1、2球目でもっと長打を打てるようにならないと1年で終わると思う」と危機感を募らせる。

 新たな試みは試行錯誤の段階だが、7年目の今季は確かなインパクトを残した。交流戦明け6月28日・DeNA戦(横浜)でプロ初本塁打を放つと、「まさかあると思ってなかった」という同学年の鈴木、西川と外野で同時出場も果たした。

 最大の持ち味は積極性だ。初球から思い切りガツン!その姿勢は1軍首脳陣から高く評価された。「追い込まれたら三振はダメ」と粘り腰も発揮。終わってみれば、自己最多27試合で打率・279をマーク。「対応できると思った」と手応えが残ったのも確かだ。

 京都の龍谷大平安からドラフト1位で広島入団。同2位鈴木がスターダムを駆け上がっていく中、プロ3年目から3年間1軍出場なし。「自分には能力がないのかな…」。マイナス思考に陥ることもあったが、努力は惜しまなかった。朝山コーチの熱心な指導もあって18年にプロ初安打を記録。「東洋(朝山)さんのおかげです」と感謝の思いは尽きない。

 長野、野間、新外国人ピレラ…。来季も外野は激戦区だ。「ずっと1軍で打てるような選手になりたい」。コンディションを整えるため、今オフはダイエットにも敢行。夕食は炭水化物を抜き、ビールも断っている。ナインから「ほんこん」の愛称で親しまれるダークホースが外野競争に殴り込みをかける。(デイリースポーツ・杉原史恭)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス