文字サイズ

【スポーツ】MGCはマラソン日本最強決定戦…鍵はQちゃん苦しめた急坂

MGCのコース発表した日本陸連=都内
1枚拡大

 日本陸上連盟は今月15日に都内で会見し20年東京五輪の男女マラソン代表選考レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の開催日とコースを発表した。男女とも五輪代表2枠が決まるレースは、19年9月15日午前9時台にスタート。コースは先日発表された東京五輪のコースとほぼ同じで、発着は明治神宮外苑。浅草、皇居、東京タワーなど名所を周る。

 これまで毎回のように物議を醸してきたマラソン代表の選考。それは男女とも3大会の結果、内容から、相対的に判断してきたからだった。今回は問答無用の一発勝負。MGCは事実上、日本最強決定戦となる。瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「(有力選手が)全員がそろって一緒に走るのは初めてのケース。想像しただけでワクワク感、ないですか?」と、ニヤリと笑った。

 勝負のポイントとなるのは、37キロ付近からの四谷の坂だ。旧国立競技場発着で行われていた東京国際女子マラソンと同じ終盤戦。03年の同大会では、シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さんが、それまでの独走状態から一転急失速。エルフィネッシュ・アレム(エチオピア)に抜かれ、2位に終わった。このレースが響き、04年アテネ五輪代表入りを逃した。終盤の4キロで約30メートルを駆け上がることになる地獄の坂。ゲストとして登壇した高橋さんは「高低差があるので、後半もしっかり作戦を立てられて、体力だけじゃなく、知力も使ったレースになる」と、分析。瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーも「鍵はQちゃんが失速したあの坂。このコースは後半に2つの坂がある。最後まで諦めない選手が逆転できる」と、勝負所を語った。

 男子は“あの男”の参戦もレース展開を大きく左右しそうだ。今年の世界最高峰レースの1つ、ボストンマラソンで日本人31年ぶりの優勝を飾り、来年4月に公務員ランナーからプロランナーに転身する川内優輝(埼玉県庁)。ボストンでは悪天候の中、スタートからまさかのダッシュで序盤からかく乱した。序盤で遅れても、不死鳥のごとく終盤に盛り返してくる不屈の精神の持ち主でもある。瀬古リーダーは「そこに川内が出てきて、ごちゃごちゃにしてくれたら、楽しくなる」と、出場を熱望する。

 川内は苦手な暑さを理由に、現在のところMGCの出否を保留しているが、ただ、不敵に笑い、こうも話している。「私に勝てないようでは東京五輪でも勝負にならないですよね」。自称「愉快犯」。“日本最強決定戦”を黙ってみているとは思えない。

 日本記録を更新した設楽悠太(ホンダ)に、覚醒の兆しを見せる大迫傑(ナイキオレゴンプロジェクト)、そして川内。日本中が手に汗握るドリームレースの実現に、期待したい。(デイリースポーツ・大上謙吾)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス