文字サイズ

【スポーツ】“空手界の綾瀬はるか”孤独と向き合いつかんだ清水の世界2連覇

 話していると、本当にかわいらしい女の子だ。10月に行われた世界選手権(オーストリア)で、22歳にして2連覇を成し遂げた空手・形(かた)個人女子の清水希容(ミキハウス)。東京五輪の金メダル候補だ。実力もさることながら“空手界の綾瀬はるか”と呼ばれているのもうなずけるキリリとした顔立ちも魅力の一つ。本人は「もともと好きだったんです。『似ている』と言われるけど、恐れ多すぎて…。会えたら会ってみたいですけど…」と恐縮しきりだったが。

 形とは「フィギュアスケートのようなもの」と清水は言う。「1人1人の個性を出せるのが魅力。いくら求めても終わりがないんです」。仮想の相手との攻防を演じ、出来栄えを競う伝統競技だ。

 引退を決めていた2年前の世界選手権で優勝。しかし決勝戦の演技に納得ができず、終わった瞬間「もう1回ここに立ちたい」と思ったという。

 関大を卒業し、今年4月にミキハウスに入社。「競技と仕事を両立しながら、両方にいい影響が出るようにがんばりたい」と、本社内の物流管理部で週2日勤務した。9月上旬からは、世界選手権に集中したいという意向や東京五輪追加種目に決まったことを受け、ほかの所属選手と同様に練習に専念。同社は連覇を目指す彼女のために世界大会で使用されるマットを用意した。午前中は同クラブでひとり黙々とトレーニングをこなし、午後は幼少期から通っていた道場へ足を運ぶ。最高の練習環境で世界女王を目指した。

 しかし初優勝からの2年間は、孤独と向き合う日々でもあった。「今までは一番上に立ちたいって思いで臨んでいた部分が大きかったけど、いろんな人の目や期待がプレッシャーに感じた時期もあった」と清水。のしかかる重圧。東京五輪へ向けた期待。何のためにやっているのか、自問自答をする日々-。

 「もともとあまり自信を持てるタイプではなくて。今もそうだけど、練習してもしても満足できない。不安が常にあるんです」ともこぼしていた。「しんどい2年間」だった。

 そんな彼女が一転、金メダルと共に日本に帰国すると、「今回は楽しめました」とニコリと笑った。演技自体にはやはり課題が残ったと言う。しかし「『勝たないといけない』よりも、『いかによさを出せるか』って思うようにしたんです。五輪への思いも自分の思いも、両方持って臨めました」。

 女王として世界から追われる日々は、ここからまた2年、4年と続いていく。しかし向きあう覚悟はできていた。「目標を達成するための苦しさだからプラスに考えて、日々を楽しみながら悔いなく4年間やり切りたい。空手が好きって気持ちを持って4年間を過ごしたいです」。前向きに話す姿に、記者もうれしくなった。不安や孤独との付き合い方に気づけたことは、4年後に必ずつながるはずだ。大舞台ではじける笑顔には、輝くメダルがきっとよく似合う。(デイリースポーツ・國島紗希)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス