文字サイズ

空手形・清水希容 銀メダルにあふれる涙止まらず「すごくしんどかった」

 決勝を終えて感極まった表情を見せる清水希容(撮影・堀内翔)
 決勝での清水希容の演武(撮影・堀内翔)
 決勝で敗れ、引き揚げる清水希容
3枚

 「東京五輪・空手女子形・決勝」(5日、日本武道館)

 東京五輪から新種目に追加された空手。女子形で世界ランキング2位の清水希容(27)=ミキハウス=は決勝で同1位のサンドラ・サンチェス(39)=スペイン=に敗れ、銀メダルとなった。

 清水は「ちょっと焦ってしまった。もうちょっと予選みたいに気持ちを出せたらなと思った。多くの方に応援されて申し訳ない気持ち。すごくしんどかった。勝ちたかったですけど…、悔しいです」とあふれる涙を止めることができなかった。

 長年のライバルであるサンチェスとの対戦成績は過去3勝6敗。清水は14、16年の世界選手権の覇者だが、18年世界選手権は決勝で敗れ、3連覇を阻止された相手だった。

 「五輪は自分にとって最初で最後かもしれない。空手人生全ての思いをぶつけられる演武をしたい」。

 昨年12月の全日本選手権は準優勝。8連覇を逃し、迷いも生まれたという。2月からは沖縄で喜友名らと稽古に励み「気迫をすごく出す」ことで、徐々に自信と闘志を取り戻した。

 新型コロナ禍でステイホームの時期には、読書に没頭した。おすすめはフィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)のコーチを務めるブライアン・オーサー氏の「チーム・ブライアン 新たな旅」。右足首の負傷に苦しみながら平昌五輪へと向かう羽生と、銅メダルを獲得したフェルナンデス(スペイン)はともに同氏の門下生。両者を指導する葛藤や五輪への道のり、師弟を超えた絆がコーチの視点から描かれている。

 清水にとって羽生は表現者としても、アスリートとしても憧れの存在。本を読み、その強さを再認識した。

 東京五輪という最高の舞台。「ただ勝ったらいいではなく、憧れられる、人間味のある選手になりたい。五輪では感謝や思いを伝えられる演武で優勝したい」。空手人生をぶつけた、思いを込めた演武は金ではなかったものの、光輝く銀メダルという形となった。

 ◆清水希容(しみず・きよう)1993年12月7日生まれ。大阪府出身。小学3年で空手を始め、世界選手権は14、16年優勝、18年は2位。全日本選手権は7連覇。19年はアジア選手権で2連覇を果たした。希容の名は「希望の器(容器)を大きく」という意味で祖父の友人に名付けられた。好きなアスリートは柔道の松本薫。東大阪大敬愛高、関大。160センチ、57キロ。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス