文字サイズ

上野由岐子「感無量」金へ導いた「魂の389球」宇津木監督と抱き合い涙

 優勝を決めて喜び合う宇津木監督(左)と上野由岐子(撮影・堀内翔)
 優勝を決め喜ぶ上野由岐子(中央)ら(撮影・堀内翔)
 優勝を決め、喜びを爆発させる上野由岐子(撮影・高部洋祐)
3枚

 「東京五輪・ソフトボール・決勝、日本2-0米国」(27日、横浜スタジアム)

 日本は宿敵・米国を破り、前回実施された2008年北京五輪以来、13年ぶりとなる金メダルを獲得した。

 最後のマウンドにいたのは日本の大エース・上野由岐子(39)=ビックカメラ=だった。先発して六回途中を2安打無失点。一度はマウンドをチーム最年少のリリーフ左腕・後藤希友(20)=トヨタ自動車=に譲ったものの、リエントリー(再登録)で再び最終七回のマウンドへ。三者凡退でソフトボール人生の集大成を飾った。

 上野は「感無量です。リリーフしてくれた後藤が顔面蒼白で抑えてくれたので、自分がやるんだと奮い立たせてもらった。このマウンドに立つために13年があったので。投げられなくなるまで投げてやるという気持ちだった。前回(の金)と違って地元でプレッシャーも違っていた」とかみしめるように話した。

 試合後、笑顔が弾けていたが、宇津木監督と抱き合うと、みるみる涙があふれた。

 初戦のオーストラリア戦から計4試合「魂の389球」で、日本を再び頂点へと導いた。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス