文字サイズ

兄妹Vも実は3兄妹 阿部一二三とは 妹・詩の活躍に刺激も支えは兄・勇一朗さん

決勝戦 攻め込む阿部一二三=日本武道館(撮影・堀内翔)
決勝 優勝を決めて喜ぶ阿部一二三=日本武道館(撮影・堀内翔)
決勝 優勝を決めてガッツポーズをする阿部一二三=日本武道館(撮影・堀内翔)
3枚

 「東京五輪・柔道男子66キロ級・決勝」(25日、日本武道館)

 阿部一二三(23)=パーク24=がバジャ・マルグベラシビリ(ジョージア)に勝ち、金メダル。先に行われた女子52キロ級決勝では妹の阿部詩が優勝しており、柔道史上初の兄妹同日金メダルの快挙を達成した。

 ▽阿部一二三メモ

 ◆生まれ…1997年8月9日、神戸市兵庫区出身。

 ◆家族…父浩二さん、母愛さん、2歳上の兄勇一朗さん、3歳下の妹詩。

 ◆経歴…6歳で兵庫少年こだま会で柔道を始め、神戸生田中、神港学園高。上京して日体大に進学し、卒業後はパーク24に所属。

 ◆得意技 右組みで、背負い投げ、袖つり込み腰。

 ◆憧れ…五輪3連覇の野村忠宏氏。アテネ五輪での優勝が印象的で「たくさんの選手がいる中で、野村さんの映像はすごく刺激的で感動する。こんな選手になりたいと目指すようになった」。現在はマネジメント会社の社長でもあり、「憧れであり目標の存在。たまにアドバイスをくれて、一言「頑張れよ」と言ってもらうだけで力が湧いてくる」。

 ◆座右の銘…「努力は天才を超える」。幼少期は勝てないことも多かっただけに、「女子選手に負けたりしていて、強くなるためには努力を積み重ねるしかないと。結果を出したときに振り返ると、やっぱり努力があったと思う」

 ◆詩の活躍に刺激…「妹には絶対に負けたくない。強い兄の姿を見せたい気持ちは強い」。ただ、詩のことを尊敬しているものの、直接話すのは照れくさい様子。「妹のことを(取材で)しゃべるのはそんなに恥ずかしくないが、妹と直接話すとなると少し恥ずかしい(笑)」

 ◆兄勇一朗さんの存在…自身が柔道を始めたときは心細かったため、一緒に道場に通ってくれた。現在は柔道をしていないものの心強い存在で「昔から支えてもらった。私生活でも、ちっちゃいことで、機械系でわからないこととか(やってくれる)」

 ◆好きな食べ物…肉。

 ◆験担ぎ…試合の日は必ず赤いパンツを履く。「赤色は闘争心が上がると聞いて、取り入れるようになった」。大一番の海外遠征時に赤いネクタイを着用したこともある。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス