文字サイズ

瀬戸大也まさかの予選落ち「ちょっと自分でも信じられない」大失速9位

 予選を終え、力なく引き揚げる瀬戸大也(撮影・高部洋祐)
 予選のレースを終えた瀬戸大也(中央)=撮影・高部洋祐
 瀬戸大也(下)のバタフライ=東京アクアティクスセンター
3枚

 「東京五輪・競泳男子400m個人メドレー・予選」(24日、東京アクアティクスセンター)

 19年世界選手権2冠の瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=は4分10秒52で全体9位となり、8位以上が進める決勝に進めず、まさかの予選敗退を喫した。

 「今まで練習してきたことを確かめながら予選をやっていたので、ちょっと自分でも信じられないです」

 テレビ朝日系で放送された中継のインタビューで、瀬戸は自分自身で頭を整理するように言葉を絞り出した。

 「リオで予選、結構いってしまったので決勝、(タイムが)上がらなかったっていうことがあったので、そういう経験も踏まえて」と、決勝の余力を残すイメージがあったとした上で、「かなり泳ぎの方は良かったので。かなり後半から上げてくる子たちが多かった中で焦らずというか、明日上げるように泳げばいいやという感じて泳いだんですけど。自分の読みというか。うーん、そうですね…。(決勝に)コマを進められなかったので。残念です」と思いを語った。

 泳ぎの手応えとしては、「明日の決勝に向けていい泳ぎをっていうところで、いい感じで泳げた」と良かったといい、「思ったよりも決勝ラインが早かったかなと思います」と、悔しさをにじませた。今回は午後に予選などが行われ、翌日午前に決勝レースが行われる形になっている。「午後予選ということで、タイムも速いだろうなと思ったんですけど、それ以上に早かったので、200の2種目(個人メドレー、バタフライ)はしっかりとコマを進められるようにしたいと思います」と巻き返しを誓った。

 第4組4レーンで登場。最初のバタフライ。スタートから積極的に飛ばし最初の50メートルを先頭でターン。背泳ぎでも体半分リードを守ると、3種目めの平泳ぎで体1つ抜け出した。だが、最後の自由形で失速。4人に抜かれて、この組5位、予選9位となった。

 昨秋の不倫問題で昨年末まで活動停止処分を受けた。今年2月に約5カ月ぶりに実戦復帰。400メートル個人メドレーでは、同月のジャパンオープンを制したが、2週間後の東京都オープンでは3位と状態は安定していなかった。東京五輪の1年延期が決まった時は、モチベーションの維持にも苦しんだ。

 直前は準高地の長野県東御市で調整し、21日に下山。「完璧に練習は積めた」と手応えを感じていた。6月は「99パーセント」と語っていた金メダル獲得確率も「(100パーセントに)めちゃくちゃ近づいてます。数字では表せられないけど自信はあります」と絶好調宣言していた。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス