文字サイズ

羽生結弦“ショートトラックごっこ”でまさかの転倒 エキシビション練習

車俊煥(左)とともにアイスダンスの真似をする羽生結弦=江陵
ペットボトルを使いアイスホッケーの真似をする羽生結弦(左)ら=江陵
リンクに座り込み笑顔を見せる羽生結弦=江陵
リンクにお尻を着けてクルクル回る羽生結弦=江陵(撮影・高部洋祐)
4枚4枚

 フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を成し遂げた羽生結弦(23)=ANA=が22日、25日のエキシビションへ向けた練習に宇野昌磨(トヨタ自動車)、ミージャ・ジー(ウズベキスタン)、金博洋(中国)、車俊煥(チャ・ジュンファン、韓国)とともに参加した。

 練習の冒頭では、5人で横一線に並び、ショートトラックのごとくスピードを出して駆け出した。しかし2つめのカーブ出口付近で先頭を走る羽生が転倒。ゴンと鈍い音を立てて壁にぶつかったが、ミーシャ・ジーに引っ張り起こされ、苦笑いを浮かべた。

 その後は3回転アクセルや4回転トーループなどを華麗に着氷。笑顔で和気あいあいと練習した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス