文字サイズ

菊池、メンバー外でも「幸せ」 準決勝では復活の力走でチーム支える

 日の丸に書かれた寄せ書きを手に笑顔を見せる(左から)菊池、高木菜、佐藤、高木美
1枚拡大

 「平昌五輪・スピードスケート女子団体追い抜き・決勝」(21日、江陵オーバル)

 団体追い抜きで高木美帆(23)=日体大助手、高木菜那(25)=日本電産サンキョー、佐藤綾乃(21)=高崎健康福祉大、菊池彩花(30)=富士急=の日本女子は前回覇者オランダとの決勝を2分53秒89の五輪新記録で制して金メダルを獲得した。今大会の日本のメダルは11個となり、1998年長野五輪を上回り冬季大会最多となった。

 決勝で控えに回った菊池は、優勝が決まると滑った3人に駆け寄り「スケート人生で最高の大会になった。本当に最高のチーム。ありがとう」と苦楽を共にした仲間に感謝した。団体メンバー最年長の30歳はカナダを下した準決勝でしっかり役割を果たし、メダル獲得に貢献。「(高木姉妹に)できるだけ脚を使わせないで温存してもらう気持ちで、自分がみんなの壁となって滑れればいいと思った」と笑顔で話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス