文字サイズ

藤沢五月 韓国メディアの美女認定にニッコリ「注目してもらってすごく嬉しい」

試合後、涙する吉田知那美(左)と、藤沢五月(右)=江陵カーリングセンター
 日韓の司令塔、藤沢五月(左)と金恩貞
2枚2枚

 「平昌五輪・カーリング女子・1次リーグ、日本4-8スイス」(21日、江陵カーリングセンター)

 世界ランキング6位の日本(LS北見)は同2位のスイスとの予選リーグ最終戦に敗れ、5勝4敗で予選を終えた。勝てば史上初の準決勝進出が決まったが、同時刻にスウェーデンと試合を行っていた米国が敗れ、4位で準決勝進出が決まった。

 スキップの藤沢五月(26)は韓国での注目度もうなぎ登り。韓国メディアから「『男心を撃つ』 平昌をとりこにした美貌の選手」の特集でも紹介された。準決勝進出が決まったこの日も韓国メディアから「美女として注目されていること」への質問を受けたが、「素直に韓国での五輪に出られてうれしい。みなさんに注目してもらって、すごくうれしいです」と、微笑みで虜にしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス