文字サイズ

8位入賞の郷亜里砂、悔し涙抑えられず「あっというまの500メートル」

 女子500メートルのレース後、関係者にねぎらわれ涙ぐむ郷亜里砂=江陵(共同)
 女子500メートルのレースを終えた郷亜里砂=江陵(共同)
 女子500メートルのレースを終えた郷亜里砂=江陵(共同)
3枚3枚

 「平昌五輪・スピードスケート女子500メートル」(18日、江陵オーバル)

 初出場の郷亜里砂(30)=イヨテツク=が、37秒67で8位入賞を果たした。メダル獲得も期待されたが、15組で五輪2連覇中の世界記録保持者・李相花(28)=韓国=とのレースで遅れをとった。

 郷は「スタートしてからは無心で、何も考えてなくてあっという間の500メートルでした」と悔し涙を流しながらレースを振り返った。今季のワールドカップでは3位に4度入り8位は満足のいく結果ではなかった。「目標にしてたメダルは手に届かなかったんですけど…」と話すと、涙を止めることができず言葉をなかなか続けることができなかった。

 最後は涙を抑え「すいません。たくさんの方に応援していただけたので、少しでもこの舞台で滑っているところを見てもらって良かったと思います」と支えてくれた人々に感謝の言葉を口にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス