文字サイズ

日本選手ドーピング陽性 深まる疑問「偶発的に起きた出来事で口に入ったとしか…」

ドーピング検査で陽性反応を示したショートトラック日本代表の斎藤慧(後列左から1番目)=2017年12月17日撮影、名古屋市ガイシプラザ=
1枚拡大

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)が平昌五輪のショートトラック男子日本代表の斎藤慧(21)=神奈川大=がドーピング検査で陽性反応を示したと発表したことを受けて、日本選手団の斎藤泰雄団長、伊東秀仁総監督、ショートトラックの川崎努監督が会見を行った。

 違反が認定されれば、日本選手のドーピング違反は冬季五輪で初めて。CASと日本選手団の発表によると、選手団本隊として韓国入りした4日の夜に江陵選手村であった抜き打ち検査があり、ドーピング隠しの目的と疑われる禁止薬物アセタゾラミドが検出された。9日のB検体の検査でも陽性だったという。斎藤は意図的な禁止薬物の摂取を否定している。

 日本選手団の発表によれば、斎藤は1月29日の国内合宿中に行われた検査では、一切禁止薬物は検出されておらず、その後も代表チームで活動している。また、検出された薬物は日本では処方箋がないと購入できない薬となっているという。川崎監督は「選手と同じで大変驚いている。彼は若くして頭角を現してきた選手で、ジュニアの頃からドーピングに関して教育を受けている選手でこういうことには意識の高い選手。なぜ陽性が出るのか、いまだに不思議でなりません」と、首をかしげた。本人も「今回の検査結果が出てしまったことについては、偶発的に起きた出来事より禁止薬物が無自覚のまま口に入ってしまったものだとしか考えられません」とコメントしており、謎が謎を呼んでいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス