文字サイズ

冬季史上最多8度目五輪公認の葛西「これでだいぶ吹っ切れる」【一問一答】

 「平昌五輪・スキージャンプ男子ノーマルヒル」(8日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 開幕を前に、男子ノーマルヒル予選が行われ、冬季五輪史上最多8度目の出場となった葛西紀明(45)=土屋ホーム=は98メートルを飛び、117・7点の20位で予選を通過。これで8大会連続五輪出場が正式に公認された。日本勢は小林潤志郎(26)=雪印メグミルク=の18位が最上位。小林陵侑(21)=土屋ホーム=が21位、伊東大貴(32)=雪印メグミルク=が31位で、4人全員が予選を通過し、10日の本戦に進んだ。

 葛西の一問一答は以下の通り。

 -ジャンプの調子は。

 「ジャンプ自体は、う~ん。練習の1本目の方がよかったかな。まだ安定してない部分があって、不安もある。ただ、昨日よりは良くなってる。昨日の3本目で少し自信を取り戻した。自信がないと不安も消えない。少しずつ不安が消えつつある。ようやくかみ合いだしたかな」

 -8度目の五輪出場が公認された。

 「ここなんですよ。そいつがずっと邪魔をしてて。僕にプレッシャーをかけていた。本当にうれしい」

 -緊張はあった。

 「五輪としての緊張感はなかった。ただ、予選通るかな~とか、8回目達成できるかな~とかそういうプレッシャーがあった。シーズンの最初からですね。これでだいぶ吹っ切れるんじゃないかな」

 -明日は旗手として臨む開会式。

 「いや~楽しみ。普段は日本の選手は出ない選手も多いけど、僕が『前のソチは楽しかったよ』と言ったら、みんな『出たい』と言ってくれた。いろんな選手と会って、パワーを交換したい。旗手として思い切り、旗を振ってきます」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      五輪最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      デイリーおすすめアイテム

      注目トピックス