文字サイズ

四大陸2位の三原舞依が帰国 平昌五輪生観戦計画中「全力で応援。願いながら見たい」

 フィギュアスケートの四大陸選手権(24~27日、台湾)を制した平昌五輪代表の坂本花織(17)=シスメックス=、同代表の宮原知子(19)=関大、三原舞依(18)=シスメックス=が28日、関西空港に帰国した。

 2位に入り、2年連続表彰台の三原は「2人の演技を見に行きたい。まだ分からないけど、今お願いしています」と五輪の生観戦を計画中であることを明かした。

 坂本はずっと一緒に練習してきた仲間。空港を出る際には宮原と両手を繋ぎ「頑張って」とパワーを送った。「行けても行けなくても、応援する力は全力。願いながら、信じながら見たい」と思いを込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      五輪最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      デイリーおすすめアイテム

      注目トピックス