文字サイズ

梅野300万減も「ファームもプラス」

 阪神・梅野隆太郎捕手が20日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、300万減の年俸1500万円でサインした。今季は初めて2軍落ちを味わうなど不本意なシーズンになったが「落ちた時は悔しかったけど、はい上がるために何をしようと考えたり、ファーム生活もプラスになっていた」と振り返った。(金額は推定)

 金本監督は来季の捕手について“横一線”を強調。「スタメンで開幕からいけるように、春季キャンプですぐアピールできるように体と気持ちをつくり上げて、目の前の1日を大事にやっていきたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス