文字サイズ

藤浪、右肩炎症で2、3週間投球禁止

ストレッチをする阪神・藤浪晋太郎=鳴尾浜(撮影・田中太一)
2枚

 阪神・藤浪晋太郎投手(21)が22日、右肩炎症のため、「プレミア12」への参加を辞退することを明かした。シーズン後半から違和感があり、19日に大阪市内の病院で受診した結果、右肩関節に炎症があったという。

 この日は鳴尾浜で秋季練習に参加。練習を終えると「シーズン中から肩が痛いというのがあったし、コンディションが苦しい中で終盤は投げていました。19日に病院で見てもらって、炎症があるということなので、今回は辞退させていただきました」と沈痛な面持ちで説明した。

 今季は3月の侍ジャパンの欧州代表戦に登板し、シーズンでもローテの軸として、199イニングを投げた。疲労は隠せず、「高校の時も少しは痛いことはありましたが、これだけ継続して違和感が続くことはなかったので不安はありました」と続けた。

 2、3週間は投球練習を禁止されており、この日も投球間ほどの軽めのキャッチボールに終始した。ただ「強いボールは投げられないけど、ショートスローはできるので」と、11月の秋季キャンプには参加する方向だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス