文字サイズ

【一問一答】藤浪プロ初完封

力投する阪神・藤浪=甲子園(撮影・棚橋慶太)
2回、坂本(手前)から見逃し三振を奪う藤浪(撮影・飯室逸平)
力投する阪神・藤浪=甲子園(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「阪神1-0巨人」(20日、甲子園)

 阪神・藤浪が“伝統の一戦”で、記念すべきプロ初完封勝利を飾った。

 序盤から150キロ台の直球が走り、カットボールなど変化球を効果的に交えて、巨人打線を翻ろうした。四回に2安打を許したが、それ以外は無安打。10三振を奪い、巨人打線を力でねじ伏せた。以下は藤浪の一問一答。

 -ナイスピッチングでした!

 「ありがとうございます!」

 -3年目でのプロ初完封の味は。

 「正直、自分自身でちょっとしびれました」

 -しびれたのは、雨の降ってきた九回?

 「そうですね。九回、マウンド上がる気満々でしたし、そこでしっかり、何とか粘りながら抑えられて本当に良かったと思います」

 -巨人の大竹も良かった。気合は入った?

 「相手のピッチャーの方もいいピッチャーなので、何とか粘ってと思ったのがいい結果に繋がったと思います」

 -ピンチの場面では、自分にささやきかけるような行動をして、それから投げていたが…、何とささやいていた?

 「自分自身ちょっと集中してて覚えてないので、ちょっと分からないんですけど…」

 -今日、自分で一番手応えがあったのは?

 「ストレートの感触も良かったですし、絶好調とは言わないですけど、何とかコーナーに投げ分けられたのがいいピッチングに繋がったと思います」

 -前回は完投勝利。今回は完封勝利。やはり違う?

 「そうですね。全然違いますし、点数取られないというのは気持ちいいですね

 -チームの連敗をストップ。負けていたら借金最大というところから押し返した。

 「何とか、チームがあまりいい雰囲気じゃない中で、粘って粘って、と思っていたので、チームの勝ちに貢献できて良かったと思います」

 -いつかは完封できるとは思っていた?

 「いつかできるかなと思ってたんで、それがたまたま今日だったかなと思います」

 -スタンドのファンへ、初完封の喜びを。

 「やっと3年目にして初完封できたんで、それはそれとして、しっかり次のピッチングにも繋げるようにしたいですし、明日は(ドラフト1位の)横山さんがしっかり投げてくれると思うんで、皆さん期待して下さい!」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス