文字サイズ

FA残留の能見 3年契約締結

契約更改を終え、会見する阪神の能見=球団事務所
 契約更改を終え、記者会見する阪神の能見篤史投手=13日、兵庫県西宮市の球団事務所
契約を更改し、明るい表情で会見に臨む能見(撮影・坂部計介)
3枚3枚

 国内FA権を行使して宣言残留を決めていた阪神・能見篤史投手(35)が13日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万減の年俸1億4000万円で3年契約を結んだ。

 「この年で3年も契約していただけることにすごく意味があると思います。必要な選手だと言っていただけたことがすごくうれしかった」と喜びの言葉を口にした。

 9年ぶりとなる日本シリーズ進出は果たしたが、自身は9勝13敗と不本意な成績に終わった悔しさが残る。

 「7ゲーム差をつけられたんでね。ペナントレースで優勝してこそ意味がある。3年に甘えることなく、1年1年しっかりやっていきたい」と来季に10年ぶりのリーグ制覇を誓った。

 また、エースと呼ばれることの抵抗感を吐露。「その言葉からは解放してくださいよ。そっち(自分以外にエースと呼ばれる選手が出ること)の方が、チームとしていい方向にいくと思う。僕がそんなん言われてるようじゃダメ」と藤浪らの若手に期待を寄せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス