文字サイズ

和田監督「この1勝は大きい」

初戦を制し、ナインを迎える阪神・和田豊監督(中)=甲子園球場(撮影・西岡 正)
ベンチから9回を見守った西岡はガッツポーズをしながらナインを迎える(撮影・田中太一)
打線を抑えナインとハイタッチを交わす呉昇桓ソフトバンク=甲子園(撮影・持木克友)
3枚3枚

 「日本シリーズ第1戦、阪神6-2ソフトバンク」(25日、甲子園)

 大事な初戦で投打がかみ合っての勝利に、阪神・和田監督が手応えをのぞかせた。勝利インタビューは次のとおり。

 -この甲子園でのファンの歓声は2003年以来。

 「皆さんの声援が大きなアドバンテージになりました」

 -投げるべき人が投げ、打つべき人が打った、理想的なゲーム。

 「右のエース・メッセが点を取るまで取られない、粘り強いピッチングをしてくれた。ゴメスがよく打ってくれたし、マートン、福留がつないでくれていいゲームになった」

 -クライマックスシリーズの強さは衰えていない。

 「6日空いたが、みんながしっかり調整し、力を維持してくれた。(自分は)ドラフト会議で2日間離れたが、本当によく調整してくれた」

 -重い1勝。普段とは違う1勝か。

 「この1勝は大きい。今日取れて良かった。しっかり明日も取って福岡へ行く。明日も勝ちます」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス