文字サイズ

虎、電光石火の速攻で第1戦快勝

ウイニングボールをうれしそうにポケットで入れる阪神・藤浪晋太郎=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
試合後、藤浪晋太郎(左)らナインとタッチを交わす阪神・和田豊監督(中央)=東京ドーム(撮影・吉澤敬太)
ナインと笑顔でハイタッチする阪神・呉昇桓=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「セCSファイナルS第1戦、巨人1‐4阪神」(15日、東京ド)

 投打のかみ合った阪神が快勝。巨人の1勝のアドバンテージを含め、1勝1敗のタイに持ち込んだ。

 阪神が初回に電光石火の速攻を決めた。先頭の西岡が左前打で出塁。上本のバスターエンドランで1死二塁とし、鳥谷の中越え適時二塁打で1点を先制した。

 さらに「トリタニさんをホームへかえすことだけに集中していた」というゴメスの左越え2ランで計3点を奪った。三回にはゴメスの右前適時打で1点を追加した。

 先発の藤浪は7回を6安打1失点の好投だった。八回は福原、高宮で無失点。九回は抑えの呉昇桓が無失点で締めた。

 巨人は0‐4の七回に阿部が右越えにソロを放って反撃。しかし得点はこれだけだった。先発の内海は七回途中を9安打4失点。ベンチの期待に応えられなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス