文字サイズ

虎速攻!ゴメス2ランなどで3点先制

1回阪神1死二塁、阪神・マウロ・ゴメスは2ランを放つ=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
1回阪神1死二塁、阪神・鳥谷 敬は先制適時二塁打を放つ=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
1回、阪神 マウロ・ゴメスが左越え2ランを放つ東京ドーム(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 「セCSファイナルS第1戦、巨人‐阪神」(15日、東京ド)

 阪神が速攻を決め、初回に3点を先制した。

 先頭の西岡が左前打で出塁すると、続く上本の初球にベンチはバスターエンドランを選択。上本が一ゴロを放って二塁へ走者を進めると、3番・鳥谷は初球の甘いスライダーを見逃さなかった。

 打球はセンターの頭上を越えて西岡が生還。「先制点を取ってプレッシャーをかけたい」と宣言した通りの一打となった。

 さらに主砲・ゴメスも続いた。カウント1‐1から甘く入ったチェンジアップを完ぺきに捉えると、打球は左翼席に着弾。ポストシーズン第1号となる2ランで、王者からいきなり3点のリードを奪った。

 ゴメスは今季、東京ドームで12試合44打数15安打4本塁打、打率・341。いきなり好相性ぶりを発揮した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス