文字サイズ

なでしこ ベトナムに6-1と快勝

前半、ゴールを決めた岩渕真奈(左)は中島依美とハイタッチを交わす=キンチョウスタジアム(撮影・持木克友)
前半、ゴールを決める大野忍=キンチョウスタジアム(撮影・持木克友)
後半、ゴールをきめたゴールを川澄奈穂美(右)と抱き合って喜ぶ大儀見優季(中央)=キンチョウスタジアム(撮影・持木克友)
3枚3枚

 「サッカー女子・リオデジャネイロ五輪アジア最終予選、日本6-1ベトナム」(7日、キンチョウスタジアム)

 五輪出場が消滅した女子日本代表の「なでしこジャパン」はベトナムを6-1で下し今大会初勝利を挙げ、4試合を終えて1勝1分け2敗の勝ち点4とした。

 日本は前半39分に今予選で初先発のFW岩渕が先制ゴールを決めた。MF上尾野辺からMF中島への縦パスが通り、中島が左からゴール前へ低いクロスをけり、岩渕がゴールネットを揺らした。

 日本は直後の前半42分にPKで同点に追い付かれた。ベトナムは今大会初ゴールとなった。それでも日本は前半45分に相手ゴール前でFW岩渕が胸で落とすと、これをFW大野が左足でミドルシュートを放ち、ネット上部に突き刺し、前半を2-1で後半へ折り返した。

 日本は後半35分にMF川澄がゴールを決め、3-1とリードを広げた。途中出場のFW大儀見優季(フランクフルト)の左からのクロスにフリーとなった川澄は落ち着いて頭で決めた。

 さらに後半38分には、縦パスを受けたMF中島が左足でシュートを放ち、相手DFに当たってコースが変わりながらゴールに飛び込んだ。そして後半45分には途中出場のFW横山久美(長野)が4日の中国戦に続くゴール、ロスタイムにはFW大儀見が今大会2得点目のゴールを決めた。

 佐々木則夫監督は試合後のインタビューで「今日は皆よく気落ちしないでやってくれた。なでしこらしくやるという意識を持ってやった。(五輪を逃したのは)初戦(オーストラリア戦)を勝利することができずに波に乗れなかった。2戦目(韓国戦)も勝てない相手ではなかったが、なかなか自分たちに風が吹かなかった。後は(9日の)北朝鮮戦に向かってやるしかない。(この日の勝利で)ある意味結果が出て、次を見据えてやっていかなくては…勝てなかったのは僕のせいで皆さんには申し訳ないが(選手は)一生懸命やってくれた」と語った。

 また、初先発で先制ゴールを決めた岩渕は「もう1点取れればというのはありました。まだまだやらなければ、シュートを決めなければ…。(五輪を逃して)残念ですけど、自分たちはこれからの女子サッカーを大切にする意味でも、この試合は全員で戦おうねという意識を持ってました。残念ですけど、これから経験し、チームを引っ張っていく存在になりたいなと思います」と話した。

 日本の先発メンバーは次の通り。

GK

[18]山下杏也加(日テレ)

DF

[3]岩清水 梓(日テレ)

[13]有吉 佐織(日テレ)

[17]田中明日菜(INAC神戸)

[19]上尾野辺めぐみ(新潟)

MF

[7]川村 優理(仙台)

[9]川澄奈穂美(INAC神戸)

[14]中島 依美(INAC神戸)

FW

[11]大野 忍 (INAC神戸)

[15]高瀬 愛実(INAC神戸)

[16]岩渕 真奈(B・ミュンヘン)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス